2020.5.27マーケティング

もう絶対失敗しない!!ランディングページ制作会社の正しい選び方

2020.5.27

1.初期のマーケティング活動において、ランディングページが最も費用対効果があるといっても過言ではない

アクセスの誘導先のページを適切に改善せずに、Web広告をとりあえず開始してしまうのは、「穴の空いたバケツに水を流す」のと同様になります。Web広告の効果をすぐに改善したいなら、手っ取り早いのがランディングページ最適化(LPO)になります。

CVRが2倍になる=同じ売上を上げるのに1/2の広告費で済む ということになりますので、費用対効果は新しい広告チャネルを増やすより良いでしょう。

2.そもそものランディングページ制作を外注する際の注意点

「綺麗なランディングページ」を構築しても、集客に結びつくわけではないのは、言うまでもありませんが、集客に結び付く(1CPAを下げることができる)ランディングページを作るにはどうすれば宜しいでしょうか。あなたの今の置かれている状態によって、外注のポイントが変わってきます。

下記で現状を見てみましょう。

1.企画(マーケティング戦略)はあるかどうか
2.ワイヤーフレームまで落とし込めるかどうか
3.クリエイティブコントロールができるかどうか

「1」~「3」まで全てない = Webコンサルティング会社に依頼
「1(+2)」はある = Web制作会社に依頼
「1」+「2」+「3」まで全て出来る = クラウドソーシングに依頼

よくあるランディングページの外注方法としては、競合商品・サービスのランディングページを見て「これっぽいランディングページを自社の商品・サービスに合わせて作ってください」と競合のランディングページのサイトURLと自社商品・サービスの概要資料を制作会社に丸投げすることです。

しかし、当たり前ですが、このような外注方法であなたが満足のいくランディングページが出来ることはまずありません。 なので依頼者側がある程度はマーケティングやネットで売り上げるための知識を身につける必要があります。

費用対効果のあるランディングページを制作しようとしたら、マーケティングに知見があるWebコンサルティング会社に依頼した方が失敗する可能性が下がります。

3.ランディングページ制作会社の失敗しない選び方

では、Webコンサルティング会社の正しい選び方はどうすれば良いでしょうか。下記のポイントを軸に考えると失敗する可能性が下がります。

3.1 次情報を軸にランディングページ制作のノウハウを公開している・商談の際に具体的な改善提案が出てくる

立派な過去の実績は話してくるが自社への具体的な提案が出てこない場合は、まず疑った方がいいでしょう。本当に経験豊富であれば、体系的にノウハウが蓄積されているので、「具体的な提案が出てこない!」ということはまずありません。

「御社の領域には、弊社は実績が豊富なので、1CPAを下げることができるランディングページを作成できます」といった著しく具体性のかける提案をしてくるコンサルティング会社は失敗する可能性が多いにありますので、気をつけましょう。

3.2 値段が安すぎないか

「ランディングページ制作 10万円~!」的な訴求を打っているWebコンサルティング会社がいますが、本当に効果のあるランディングページを制作しようとするとマーケティングリサーチなどを行うので、工数がかかるので低価格で提供できるはずがありません。

安いランディングページ=競合の二番煎じなランディングページができる可能性があります。

4.ランディングページ制作の外注費用相場

先ほど説明した「どこまでの工程を自分達で行うか」「戦略部分や設計部分をどこまで作り込むか」により値段の相場観が大きく異なります。ランディングページ設計の要素は「戦略設計」「構成・ライティング」「デザイン」「コーディング」「運用・改善」になり、外注する要素が多いければ多いほど値段が上がっていきます。


5.まとめ

最も一般的な価格帯は30万円 〜 60万円になります。目的が集客のため、企業サイトと違いクオリティに妥協しにくいというのもランディングページの特徴です。いかがでしたでしょうか。ランディングページ制作会社を選ぶ際のお役に立てれば幸いです。

Contactお問い合わせ

コンサルティングや採用に関して
お気軽にお問い合わせください